仮想通貨のビットコインなどについて初心者にもわかるように解説していきます。

子猫もわかる仮想通貨

クラウドマイニング マイニング

通貨マイニングの難易度の変動リスク(初心者向け)

投稿日:

前回の記事の続きです。

クラウドマイニングとは?そのメリットとリスク(初心者向け)

前回はマイニングプールについてざっくりと説明しましたが、今回はクラウドマイニングのリスク部分の一つである「通貨マイニングの難易度の変動リスク」をもう少し掘り下げます。

通貨マイニングの難易度の変動リスク

暗号通貨のマイニングにはdifficulty(難易度)というものがあり、これは通貨が採掘できる「確率」です。

difficultyはマイニングに参加しているユーザーが多ければ多いほど上がりdifficultyが上がるほどマイニングに参加してもほとんど通貨が出土しなくなります。

以下で通貨ごとのdifficultyがチャート化されています。
https://www.coinwarz.com/charts/difficulty-charts

一般的には人気のある通貨(価格の上がりそうな通貨)であればあるほどこのdifficultyは上がります。

それもそのはず、お金になる通貨ですから人が集まりdifficultyが上がるのも当然ですよね。

例としてDashという通貨のdifficultyを見て見ましょう。

 

これは約半年でのdifficultyですが数値が大きく変動しているのが確認できます。

先ほども言ったように同じマシンパワーで採掘してもこの数値が大きければ大きいほど採掘される通貨は減ります。

それはつまりクラウドマイニングで投資した場合同じお金を払っても取得できる通貨が減ってしまうことを意味します。

ただdifficultyが上がっている場合は通貨の価値が上がっていることでもあるので「通貨が採掘できなくても通貨の価格が上がれば一緒じゃないか?」という考え方もできますですが話はそう簡単ではありません。

このDASHという通貨のdifficultyですが2017年9月頃の価格は約4,000円です。

そしてdifficultyが100倍近くにもなっているのに対して価格は2017年12月時点で約100,000円と値上がり幅は20倍〜30倍程度で収まっています。

これでは同じマシンで採掘しても採掘量が激減するのに対し、それ以上に通貨価値が上がらず損をしてしまう可能性があるということです。

なぜここまでの変化が起こるのか。

Dashのマイニングパワーがこれほど旧に上がっている理由、それはASICと呼ばれる専用マシンがあるからです。

https://shop.bitmain.com/productDetail.htm?pid=00020170718203947438V537cuy7067F

例えばこれ、これはGPUよりも遥かに強力な計算力でマイニングをします。

こういう製品が出回る通貨は一気にマイニングパワーが上昇し、このASICを持ってる人だけが儲かるという世界になります。

クラウドマイニングでは投資額に応じマシンパワーをレンタルしてくれますが、得られる通貨の量は保証してくれません。

つまりこの機械が登場するかしないかに起きく左右されてしまうので、通貨によっては大変危険な投資となります。

SHA-256, X11ではASICがあります、またEthereumの通貨にも同様のものが存在します。

ZCASH,bitzenyではASICが作れないので比較的安全です。

ただこれも現時点での情報なので未来永劫では無い点に注意してください。

これはクラウドマイニングに限らず言えますが前回もお伝えした通り契約期間に縛られるからこそのリスクとも言えます。

ご自身でマイニングPCを購入する、マイニングプールに投資する、という場合にはそういった点にも留意した方がよいです。

それでは。

-クラウドマイニング, マイニング

Copyright© 子猫もわかる仮想通貨 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.